お知らせ

『一に看病二に薬(いちにかんびょうににくすり)』という諺があります。 これは、「病気を治すのに最も必要なものは […]

MORE

『薬も過ぎれば毒になる(くすりもすぎればどくになる)』という諺があります。 これは、「どんなよいものであっても […]

MORE

『蛙の願立て(かえるのがんたて)』という諺があります。 これは、「前のほうばかり見て後ろを顧みない者や、いいか […]

MORE

『暖簾(のれん)に腕押(うでお)し』という諺があります。これは、 「張り合いのない様を否定的に表現した」ことわ […]

MORE

【諺から考える健康学 28】 『鱣は蛇に似たり、蚕は蠋に似たり』(せんはへびににたり、さんはしょくににたり)と […]

MORE

【諺から考える健康学 23】 無い時の辛抱ある時の倹約(ないときのしんぼうあるときのけんやく)という諺がありま […]

MORE

【諺から考える健康学 22】 猿の水練 魚の木登り(さるのすいれん うおのきのぼり)という諺があります。 これ […]

MORE

【諺から考える健康学 21】 嘘も方便(うそもほうべん)という諺があります。 これは、「嘘をつくことは良くない […]

MORE

【諺から考える健康学 20】 足るを知る者は富む(たるをしるものはとむ)という諺があります。 これは、「欲深く […]

MORE

【諺から考える健康学 19】 前門の虎後門の狼(ぜんもんのとらこうもんのおおかみ)ということわざがあります。 […]

MORE