ブログ

『一輪咲いても花は花(いちりんさいてもはなははな)』という諺があります。 これは、「一輪だけ咲いた桜の花でも、 […]

MORE

『白駒の隙を過ぐるが若し(はっくのげきをすぐるがごとし)』という諺があります。 これは、「白い馬が狭いすき間を […]

MORE

『三年経てば三つになる(さんねんたてばみっつになる)』という諺があります。 これは、「生まれたての子どもも、三 […]

MORE

『門松は冥途の旅の一里塚(かどまつはめいどのたびのいちりづか)』という諺があります。 これは、「正月に家の門口 […]

MORE

『安に居て危を思う(あんにいてきをおもう)』という諺があります。 これは、「平穏な日々を送っている時にでも、つ […]

MORE

『大掴みより小掴み』(おおづかみよりこづかみ)という諺があります。 これは、「一時的な大もうけよりも少しずつ着 […]

MORE

『知ったが病(しったがやまい)』という諺があります。 これは、「知らずにいれば何もなくてすむのに、なまじ知った […]

MORE

『病治りて医師忘る(やまいなおりていしわする)』という諺があります。 これは、「病気が治ると世話になった医者の […]

MORE

「朝のぴっかり姑の笑い」(あさのぴっかりしゅうとめのわらい)という諺があります。 この意味は、「” […]

MORE

『起きて働く果報者(おきてはたらくかほうもの)』という諺があります。 これは、「豊かな生活であれば申し分ないが […]

MORE